記事

2009年08月01日

音を聞こう

音は重要な情報になる。

敵の足音を聞き、敵の位置を探る。
銃声を聞き、どこで戦闘が行われているかの見当をつける。
銃声で敵の武器がわかる。

銃声以外の小さい音でも生死を分けることがある。
スピーカーではなく、ステレオのヘッドホンをつかって音を聞こう。

音から判断できる例

* 足音が聞こえる
→敵の位置、人数が分かる。味方の足音かどうかはレーダーで判断する。

* 銃の音が聞こえる
→敵の位置、武器の種類が分かる。味方の銃声かどうかはレーダーで判断する。

* ドアの開閉音が聞こえる
→ドアの開閉音は多種あるので、マップによってはどこのドアかまで分かる。味方が開けたかどうかはレーダーで判断する。

* 武器を拾う音・持ち換える音が聞こえる
→敵の位置が分かる。味方のものかどうかはレーダーで判断する。
事前に落ちている武器の種類を確認しておけば、敵の武器の種類も判断できる。
タグ:CSO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。