記事

2009年08月01日

レーダーを見る

レーダーを見れば仲間がいる場所がわかる。
仲間がいるということは、そのエリアはまだ敵に制圧されていないというとだし、仲間が死んだということは、そこで交戦して敵がいるということになる。

マップ全体の敵と仲間の動きを考慮に入れるのは、実は非常に重要なことなので、クラン戦でなくても、より有意義な行動ができるように心掛けよう。
タグ:Counter-Strike
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。